スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
IMG_0350_convert_20140507101035.jpg 

長年使用してきたFC2ブログですが、
ホームページを新しく作成したので
それに伴いブログもお引越しすることになりました。

しばらくは、
過去の活動内容などが掲載されている
FC2ブログは残しますが、
2017年10月より、
下記のアドレスに変更いたします。

よろしければ、のぞいてみてください。

また、今後とも
アロマとハーブと手作り石鹸教室
annagarden(アンナガーデン)を
よろしくお願いします!

ホームページ:



スポンサーサイト
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
暑い夏が落ち着いて、
朝晩過ごしやすくなってきました。
虫の音も日に日に大きくなってきてます。

秋の気配を感じて、
夏の間はやる気にもならなかった
お庭の手入れをしました。

そして、水枯れでしおれているヤマボウシや、
近年の猛暑で枯れてしまった夏ツバキなどを見て、
「お庭のリフォームしたいな・・・」
とふと思ってしまいました。

もっと緑がモリモリした感じにできたらいいなと、
以前から何となくイメージはあったものの
なかなか踏み切れずにいました。

が・・・
この本を見つけてから、
急に現実的にリフォームする方向へ。

IMG_8251_convert_20170911111248.jpg

サブタイトルがなんと!
「育つままに ほったらかしの庭づくり」

まさに私が目指す庭づくりです。
表紙の写真にも目を惹かれ、購入。

本の中には憧れるお庭がいっぱいです。

IMG_8253_convert_20170911111314.jpg 

眺めているだけで、タイムスリップしたくなるお庭たち。

うちの小さな庭では
こんなこんもりした森にするのは到底無理です。
でも、近づけることはできるかも?と、
理想的なお庭を施工してくれそうなところを探しました。

そして、見つけたところが
ガーデンデザイン natu(ナチュ)
大野城市南ヶ丘7-10-1

早速、連絡をして、週末主人と
ご自宅兼モデルガーデンを訪れました。

まさに木々が自由気ままに育っているといった雰囲気。
たくさんある樹木を見ながら、
木の特性と「ほったらかしの庭づくり」のための説明をしていただきました。

手入れの行き届いたガーデニングというよりは、
落ち葉はそのままにして腐葉土にする、
今ある木は残して生かすデザインにする、
など、植物への愛情が深いnatuさん。

型にはまらない感覚がいいなと思い、
natuさんにお願いすることに。
11月からリフォーム始まります♪

11月のレッスン予定は
もうすぐお知らせしますが(ただいま試作中・・)
いらした方々には多少ご迷惑おかけしますが、
ご理解のほどよろしくお願いします。

fullsizeoutput_2818.jpeg 

こちらは先日習ってきた、ドライフラワーのスワッグ。

お庭ができたら、
自家製のお花やハーブをドライにしてスワッグも楽しめる〜

とか

IMG_8202_convert_20170911111059.jpg 

自家製ハーバリウムも楽しめる〜

なんて、今から盛り上がっています♡

福岡のアロマとハーブと手作り石鹸教室
annagardenでした。

日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

まじめにチャクラの話

2017/09/06 Wed 11:00

IMG_0883_convert_20170906105643.jpg 

日本でもお馴染みの陰陽五行説。
男性は陽。女性は陰。
陽は太陽、陰は月。

木・火・土・金・水(もっかどごんすい)
これは自然の摂理で例えた自然界のバランス。

この手の話、全然詳しくないけれど、
バリ旅行で聞いた陰陽の話は、胸にストンと落ちたのでした。

IMG_0837_convert_20170801140415.jpg 

地上と地下とが均衡を保っている中で私たち人間が生活しているという話。
白黒チェックの布は陰陽を表し、多くの寺院の建造物にかけてあるのは、
陰陽のバランスを保ってください、という意味もあるとか。

どちらかが強くても弱くても、
確かに人間は立って入られません。

『バランス』

何をするにも、バランスって大切。
しっかり地に足をつけて、前に進むのだって、
心と体のバランスが必要です。
それをバリニーズたちは、神様を通して自ずと理解しています。

そして本題のチャクラ。

「チャクラ」はサンスクリット語で「車輪」を意味するそうです。
オーラの核をなし、体を包むように存在しています。
チャクラは7つあり、いずれも回転する光のディスクで、見える人は見えるとか。

チャクラがバランスよく働いて、うまくエネルギーが循環していれば、
人は健康で幸せに過ごせます。(引用:暮らしのチャクラ 武藤悦子著)

ヨガも、マインドフルネスにしても、
要は自分への「気づき」

神に祈ることも一つの「気づき」なのかもしれません。

静かに自分に向き合うとき、
強くなりすぎるところ、
弱って自分らしくないところ、に気づき、
バランスを取り戻すことができる気がします。

自分に向き合うことを忘れると、
思いやりが欠けたり、感謝の気持ちがなくなったり、
次第に自分を見失っていくのかなと思います。

そんな時はチャクラが乱れ、
エネルギーが滞るそうです。

夫婦も20年間一緒に過ごしていると、
空気のような存在になってしまいます。

でも、
会社からステップ休暇で3週間有給休暇がもらえたというタイミング。
たまたま選んだ旅行先がバリ・ウブドというスピリチュアルな場所ということ。
そして、ホテルのスパプログラムにあった"チャクラセレモニー"との出会い。
色々な偶然が重なって、今までとは少し違った夫婦のあり方を学ぶことができた気がします。

私たちが受けた2つのチャクラセレモニー(チャクラを開くトリートメント)は、
☆第四チャクラ(アナハタチャクラ):慈悲のチャクラ

☆第二チャクラ(スワディスタナチャクラ):自己開発のチャクラ

「暮らしのチャクラ」武藤悦子著の引用にはなりますが、
チャクラを開く・・・という不思議な感覚をもとに次回に続きます・・・

※結局は光のディスクが回るチャクラも、オーラも何にも見えないし、何にも感じないです。その手の期待はゼロです


















日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
fullsizeoutput_27d7.jpeg 

ゴハンを食べる。
これは大切な旅行の楽しみのひとつ。

現地の人が何を食べているか気になります。
どんな食材があるか、
どうやって調理しているのか、
どんな組み合わせが美味しいのか、

などなど。


IMG_7715_convert_20170804215238.jpg 

IMG_7719_convert_20170804215325.jpg 
↑こちらは朝、民家にお邪魔して食事を作っているところをパチリ

聞くところによると、
バリのお母さんたちは早朝に市場に行き、
食材を購入して帰宅した後
一日分の食事をまとめて作るのだそうです。

みんな仕事や学校で時間が揃わないからだそう。

だから時間が経っても腐らないようにするために
香辛料をたくさん使うのですね。
なるほど。

インドネシア料理は甘くて辛い。
サンバルという調味料(日本でいうお味噌)も
お店によって味が違って美味しかったです。


ホテルではロビーにもお部屋にも新鮮なフルーツが山盛り!

IMG_7621_convert_20170804215728.jpg 

バリは赤道近くなので紫外線が強い。
だから、ビタミンCを摂取する習慣が根付いているのでしょう。
そしてそこで獲れるフルーツは濃厚!
バナナは小さくて美味しいし、オレンジも現地のものは酸っぱい!
ビタミンミネラルが豊富なんです。

ウエルカムドリンクではこんな不思議なものが。

IMG_7786_convert_20170804215830.jpg 

ライチのソルベにパッションフルーツと何かのジュースがミックス。
ショウガが添えられています。
爽やかでほんのり甘くて美味しかった〜

ドリンクつながりで、
こちらはショウガとフルーツ酵素。

IMG_7683_convert_20170804215043.jpg 

ジンジャーシロップに蜂蜜を加えたものが定番らしく、
どこに行ってもメニューにあります。

ホテルのティーサービスタイムでは
暖かい紅茶にフレッシュジンジャーと蜂蜜を入れて振舞ってくれました。

IMG_7849_convert_20170804220356.jpg 

街に出ると屋台が。
こんな看板と怪しい食べ物が並んでいます。

現地の食べ物に興味津々の主人。
入りたくて入りたくてウズウズしてましたが、
ガイドさんに「絶対お腹こわすよ」と言われ続け、
今回は断念してました・・・

まあ、確かに衛生的に綺麗とは言えませんね。。。

fullsizeoutput_27d4.jpeg 
BEBEKという看板のあるお店。
ウブドのライステラスを見ながら、BEBEKを食べる。

fullsizeoutput_27d6.jpeg 

BEBEKはアヒル。
バリではアヒルの唐揚げ的なものを食べるそうで、
同じアヒルでも北京ダックとは全く違う食べ物。
主人側のお皿がアヒル。
私はスペアリブ。こちらもホロッホロで激ウマ!


ところかわってホテルのゴハン。
こちらすべて朝ゴハン。

IMG_0805_convert_20170804214921.jpg 

こんなの憧れてたんだ〜〜
最高に幸せなひととき♡

IMG_7799_convert_20170804215604.jpg 

IMG_7631_convert_20170806143554.jpg 
↑毎朝食べたパパイヤヨーグルト♡

fullsizeoutput_27d8.jpeg 
↑アマンキラのバナナパンケーキ♡
ふわっふわ!

IMG_7643_convert_20170806143720.jpg 
↑エッグベネディクト マフィンが小さくてやさしいお味
毎日でも食べたいくらい美味しい。

そして最も感動的なゴハンは・・・
また今度♬

自分で撮った写真、そしてすべてお腹に入れたゴハンたち。
何度見返しても幸せな気分に♡
最高の贅沢。

福岡のアロマとハーブと手作り石鹸教室
annagardenでした。

次回は少しスピリチュアルな体験をupします〜♪







日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

神とハーブの島BALI① 

2017/08/01 Tue 14:27

久しぶりの主人と二人の海外旅行。
たぶん新婚旅行以来かも?!

二人で選んだのはバリ島。
私初めて、主人3度目。

想像以上に涼しくて、自然が豊富で、食べ物美味しくて・・・
そして何よりも
神様がたくさん!!
いつもどこかで誰かが祈ってる。

心がおのずとピュアになってしまう。
そんな場所。

IMG_7727_convert_20170801140030.jpg 

最初に訪れたのはウブド。
バリ島の多くの人はヒンドゥー教。

最初に気になったのは
どこに行っても見かけるこのお供え物。
一つ一つに意味があるそうです。
お米も神様にお捧げします。

こちらは現地のお母さんが手作りしているところ。
朝昼晩とお供えするのもお母さんの役目。

お祈りは彼らの日常生活になくてはならないもの。
そういえば、お祈りしてないな。って・・・
お祈りをしない私が特別な気がしてきました。

IMG_0837_convert_20170801140415.jpg 

こちらは小さな寺院の入り口に立ててある龍。
可愛いチェックのお洋服にお揃いの帽子も。

龍にお洋服で可愛い〜と思っていたら、
陰陽の意味なんだとか。

この世界は陰陽で出来ていて、
その上に私達が存在しているという意味を表しているそうです。

確かに街を歩いていると、所々にこの黒白チェックがあります。
もっと深い意味が隠されていたんですね。

IMG_7700_convert_20170801141011.jpg 

蓮もあちこちにたくさん。
綺麗でした。

fullsizeoutput_27d3.jpeg 

バリ島は赤道近くなので植物が悪くならないように、
スパイスも数多く使われてますが、
ハーブなどを使った植物療法も盛んなのだそう。

マンゴスチンの皮を干したものをお茶にするのは
一般的だとか。

聞いたことない〜とガイドさんに伝えたら、
アグリカルチャーセンターに連れて行ってくださり・・・

衝撃的なコーヒーを飲みました!!

それを作るのがこちら↓
IMG_7758_convert_20170801140822.jpg 

ジャコウネコ。
猫??
たぬき??
見た目はレッサーパンダ。

で、この方から出てくるものがこちら↓
IMG_7760_convert_20170801140912.jpg 

フンです。。。

これを煎って粉状に。
IMG_7767_convert_20170801141230.jpg 

そして普通のコーヒーのように入れて飲むのです。
試飲会。

IMG_7768_convert_20170801141109.jpg 

全種類のハーブやジャコネココーヒー約20種を飲みました。

大変興味深い世界でした。

私が学んでいるハーブは西洋のものがほとんどですので、
アジアに根付いたこのような植物療法はあまり知りません。

でもよく考えてみれば、
日本、特に福岡はバリよりも暑いのですから、
こちらの文化の方がお似合いなのではないかしら・・・
と思ってしまうのです。

と、まずはガイドさんが毎日飲むという
マンゴスチンのハーブを購入。
それはまた後ほどご紹介しますね。

つづく。


今日はこの辺で。

福岡のアロマとハーブと手作り石鹸の教室
annagardenでした♡





日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。