スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
fullsizeoutput_27d7.jpeg 

ゴハンを食べる。
これは大切な旅行の楽しみのひとつ。

現地の人が何を食べているか気になります。
どんな食材があるか、
どうやって調理しているのか、
どんな組み合わせが美味しいのか、

などなど。


IMG_7715_convert_20170804215238.jpg 

IMG_7719_convert_20170804215325.jpg 
↑こちらは朝、民家にお邪魔して食事を作っているところをパチリ

聞くところによると、
バリのお母さんたちは早朝に市場に行き、
食材を購入して帰宅した後
一日分の食事をまとめて作るのだそうです。

みんな仕事や学校で時間が揃わないからだそう。

だから時間が経っても腐らないようにするために
香辛料をたくさん使うのですね。
なるほど。

インドネシア料理は甘くて辛い。
サンバルという調味料(日本でいうお味噌)も
お店によって味が違って美味しかったです。


ホテルではロビーにもお部屋にも新鮮なフルーツが山盛り!

IMG_7621_convert_20170804215728.jpg 

バリは赤道近くなので紫外線が強い。
だから、ビタミンCを摂取する習慣が根付いているのでしょう。
そしてそこで獲れるフルーツは濃厚!
バナナは小さくて美味しいし、オレンジも現地のものは酸っぱい!
ビタミンミネラルが豊富なんです。

ウエルカムドリンクではこんな不思議なものが。

IMG_7786_convert_20170804215830.jpg 

ライチのソルベにパッションフルーツと何かのジュースがミックス。
ショウガが添えられています。
爽やかでほんのり甘くて美味しかった〜

ドリンクつながりで、
こちらはショウガとフルーツ酵素。

IMG_7683_convert_20170804215043.jpg 

ジンジャーシロップに蜂蜜を加えたものが定番らしく、
どこに行ってもメニューにあります。

ホテルのティーサービスタイムでは
暖かい紅茶にフレッシュジンジャーと蜂蜜を入れて振舞ってくれました。

IMG_7849_convert_20170804220356.jpg 

街に出ると屋台が。
こんな看板と怪しい食べ物が並んでいます。

現地の食べ物に興味津々の主人。
入りたくて入りたくてウズウズしてましたが、
ガイドさんに「絶対お腹こわすよ」と言われ続け、
今回は断念してました・・・

まあ、確かに衛生的に綺麗とは言えませんね。。。

fullsizeoutput_27d4.jpeg 
BEBEKという看板のあるお店。
ウブドのライステラスを見ながら、BEBEKを食べる。

fullsizeoutput_27d6.jpeg 

BEBEKはアヒル。
バリではアヒルの唐揚げ的なものを食べるそうで、
同じアヒルでも北京ダックとは全く違う食べ物。
主人側のお皿がアヒル。
私はスペアリブ。こちらもホロッホロで激ウマ!


ところかわってホテルのゴハン。
こちらすべて朝ゴハン。

IMG_0805_convert_20170804214921.jpg 

こんなの憧れてたんだ〜〜
最高に幸せなひととき♡

IMG_7799_convert_20170804215604.jpg 

IMG_7631_convert_20170806143554.jpg 
↑毎朝食べたパパイヤヨーグルト♡

fullsizeoutput_27d8.jpeg 
↑アマンキラのバナナパンケーキ♡
ふわっふわ!

IMG_7643_convert_20170806143720.jpg 
↑エッグベネディクト マフィンが小さくてやさしいお味
毎日でも食べたいくらい美味しい。

そして最も感動的なゴハンは・・・
また今度♬

自分で撮った写真、そしてすべてお腹に入れたゴハンたち。
何度見返しても幸せな気分に♡
最高の贅沢。

福岡のアロマとハーブと手作り石鹸教室
annagardenでした。

次回は少しスピリチュアルな体験をupします〜♪







スポンサーサイト
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。